ギフトの知恵袋

仏事

仏事のポイントをまとめました。

仏事のイメージ
時期 品物の場合通夜に供える品物は、当日の午前中に、葬儀に供える品物は前日には届けましょう。
金封の場合、通夜か葬儀または告別式の当日に持参します。
表書き 品物の場合(供物・供花など)御供・御仏前黒か白のリボンをかけて小さな名札を付けます。
金封の場合(香典)御霊前(仏式・神式・キリスト教式)御香典・御仏前(仏式)御榊料・御玉串料(神式)御花料・忌慰料(キリスト教)
水引=黒白・黄白・銀白結び切り
ポイント
  • 供物は宗教によって異なります。
  • 仏教=線香・抹香・ろうそく・菓子・果物などが一般的ですが、生花や故人の好物を供える習慣があります。
  • 神式=鮮魚や乾物などの海の幸と野菜などの山の幸と、酒を供えます。精進や線香をたく習慣はありません。
  • キリスト教=カトリックの場合は、祭壇へは供物を供えません。また、プロテスタントの場合は、生花のみが供えられます。※通夜に参列する場合はあらかじめ準備していたととられないように喪服を着て行かない方が良い場合があります。
  • 通夜と告別式の両方に参列する場合は、香典はどちらかに持参すればよく、両方に持参することは、不幸が重なるとして、控えたほうが良いでしょう。
  • 故人の遺志などで香典や供物・供花を受け取らない場合があります。(供物・供花ご辞退)と記載されている場合は、供物、供花は受け取りませんということなので、香典は香典は持参します。また、(ご厚志ご辞退)と記載されている場合は、供物、供花、香典とも受取らないということです。
  • 喪家が親しい間柄ならば、通夜見舞として、簡単な食べ物や、通夜のふるまいに出す品を届けるのも良いでしょう。その時は、供物と間違われないように通夜見舞であることを告げましょう。:バッグやポケットから不祝儀袋を直接出すことはマナー違反ですので、必ず袱紗に包んで持参しましょう。
  • 祝儀は新札、不祝儀は古い札でと言われていますが、霊前に供えるのに古い札では失礼だという考えもあり、最近では新札でも問題ではありません。

祭場供養

祭場供養のポイントをまとめました。

祭場供養のイメージ
時期 通夜や葬儀、告別式の当日に会葬の御礼として、喪主から会葬礼状、清めの塩と一緒に御礼品を一般会葬者に渡します。
表書き 表書き=志・粗供養・供養  水引=黒枠付封筒
ポイント
  • 正式には、通夜の時に渡すのが御弔問御礼で、葬儀、告別式の時に渡すのが会葬御礼です。
  • 会葬御礼は、予想される会葬者の数よりも多めに準備しておく必要があります。

祭場供養・挨拶回り

祭場供養・挨拶回りのポイントをまとめました。

祭場供養・挨拶回りのイメージ
時期 葬儀の翌日から初七日までの間に、喪家は世話役やご近所さん、故人がお世話になった方々、会社などにお礼の挨拶にまわります。その時に手土産程度のお礼の品を持参します。
表書き 表書き=御礼・志  水引=黒白または黒白銀白結び切り
ポイント
  • 主だった会葬者や、お世話になった方には葬儀後2~3日中にはご挨拶に伺うようにしましょう。最初に寺院・神社・教会へ、それから故人と関係の深い順に回るのが一般的です。
  • 葬儀全般を取り仕切っていただいた世話役代表には、御礼として金封を手渡すのが一般的です。
  • 故人がお勤めだった場合は、勤務先へも挨拶に伺います。この時に事務的な処理や、私物の整理も行うとよいでしょう。
  • 自宅で通夜、葬儀を行った場合、ご近所さんに少なからずご迷惑をかけていることがありますので、忘れずにお礼の挨拶に伺いましょう。

香典返し

香典返しのポイントをまとめました。

香典返しのイメージ
時期 仏式:七七忌(四十九日)の法要をもって満中陰を迎え、忌が明けるということから、忌明け直後に、供物、供花、香典をいただいた方全員に、無事満中陰を迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げて五七忌(三十五日)をもって満中陰法要を行うこともあります。
神式:一般的に、50日目の霊前祭(五十日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その直後にお礼の品を贈ります。なお、仏式同様に、3ヶ月に渡る場合は、切り上げて三十日祭でも良いとされています。
キリスト教式:本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。仏教でいう忌明けは、カトリックでは30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヵ月後の召天記念会となり、その直後に記念の品を贈ります。
表書き 仏式:表書き=志・満中陰志・満中陰  水引=黒白または藍銀結び切り
神式:表書き=志・偲草  水引=黒白または藍銀(蓮絵なし)結び切り
キリスト教:表書き=志・粗品  水引=黒白
ポイント
  • 香典返しも、他のお返しと同じく「半返し」がマナーです。このためにも、芳名録などとともに香典金のリストを作って、いただいた金額ごとに整理しておくと便利です。品物は、風呂敷・シーツ・タオルセット・石鹸・お菓子・緑茶・砂糖・調味料など、どこの家庭でもよく使われるものを選ぶと良いでしょう。
  • 香典返しの品には、必ず挨拶状を添えるようにしましょう。なお、神式・キリスト教式の場合は、仏教用語は使いませんので、既製品を活用するときは注意が必要です。
  • 弔電をいただいた方には、香典返しをする必要はありません。実筆の挨拶状を出せばよいでしょう。
  • 香典返しをいただいた時には、礼状は出さないのが本来のしきたりです。

新盆

新盆のポイントをまとめました。

新盆のイメージ
時期 忌明け後に初めて迎えるお盆ですので、身内や親しい方を招いて盛大に行われます。この時、親戚が新盆提灯を贈る習慣がありますが、提灯を贈る場合は1週間前には届くようにしましょう。また新盆に招かれた時には、仏壇に供える供物を持参します。
表書き 表書き=御供・御供物   水引=黒白結び切り
ポイント
  • 亡くなってから四十九日たたない場合や、四十九日の法要から間のない場合には、新盆は省略するのが一般的です。
  • 新盆に招いていただいた供物のお返しは、簡単な食事のなどのもてなしでお返しとし、特に品を贈る必要はありませんが、供物をいただいたご近所の方などには、粗供養として実用品などを贈ります。

彼岸

彼岸のポイントをまとめました。

彼岸のイメージ
時期 新仏のある家庭では、春秋の彼岸に、仏壇に供物やお花を供え、僧侶を招き読経してもらいお墓参りを行います。家族やごく親しい間柄で供養しますので、招かれた時だけ供物を持参します。しかし、故人と特に親しかった場合は、お墓参りもしたいものです。
表書き 表書き=御供物・御供   水引=黒白または藍銀結び切り
ポイント
  • お墓参りは、彼岸中ならばいつ行ってもかまいません。特に遺族に断る必要も無く、お花や故人の好物などを供えて冥福を祈りましょう。

年忌法要

年忌法要のポイントをまとめました。

年忌法要のイメージ
時期 亡くなった次の年の祥月命日(同月同日)に一周忌、その翌年に三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌。三十三回忌、五十回忌、百回忌それ以降は50年目毎に法要を営みます。一般的には、一周忌は盛大に多くの人を招きますが、三回忌以降は、関係深い方だけを招きます。招待されたときは、当日に供物か供物料を持参します。
表書き 表書き=御供・御供物   水引=黒白または藍銀結び切り
ポイント
  • 年忌法要は、三十三回忌まで法要を営むとか、十三回忌以降は三十三回忌まで省略するなどで、大体三十三回忌か五十回忌で終わらせることがほとんどのようです。
  • 神式では、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続き、招かれた際には、玉串料としての金封か供物を持参します。
  • カトリックでは、一年目の追悼ミサの後は、毎年の記念日に追悼ミサを行うことが多いようですが、特に決まりはありません。また、プロテスタントでは、1年目、3年目、5年目に記念会を行います。キリスト教式では、招かれた際には、御花料としての金封か生花を持参します。
  • 年忌法要では、一般的に僧侶の読経の後、墓参りを行い、席を改めて宴を催します。また、もてなしの後で、粗供養として引出物を手渡し、供物へのお返しとします。
▲このページの先頭へ